« 発症(2) | トップページ | 発症(4) »

2016年4月25日 (月)

発症(3)

どのくらい救急車に乗っていたのだろう。。。
息子が救急車に一緒に乗ってくれました。

受け入れ先の病院までの搬送途中、あくびが出ます。
これは覚えています。
息子に「何あくびしてんだよ!」って言われましたが
眠くてしてるんではないし、なぜか出てしまうんです。
普通ではないですね。
病気のせいですね。
眠いわけではないのに・・・

病院に到着してからのことは、安心したのかあまり覚えていません。
朦朧としていましたし。
ベッドに寝せられ、着ていた服を脱がされ、病衣を着せられ
MRIを撮ったくらいは、なんとなくだけど覚えていますが・・・

どうやら運び込まれた病院は、脳神経外科病院のようです。
自宅から車で30分くらいの場所みたいです。

病名は後から駆けつけた奥さんに聞きました。

医師から
「ご主人は脳幹梗塞です。1ヶ月から6ヶ月の入院が必要です」
と言われたそうです。

びっくりしただろうなぁ

びっくりなんてもんじゃなかったそうですが。

医師からMRIで撮ったであろう写真を見せられて、
いろいろ説明されたみたいですが、
気が動転して何がなんだかさっぱりわからなかったようです。

ただ、何やら私の頭の中に真っ白い稲妻みたいな線が
クッキリと入っていたのが印象的だったそうで。

もっと時間が経っている状態ですと、
白い稲妻みたいな線がぼんやりするそうです。
私はそれを見ていないので、どんな感じなのかわかりませんが。

まぁ息子がすぐ救急車を呼んでくれたから良かったみたいです。
どうも発症して
3時間だか4時間だか以内に点滴することが大事だったようで。

私は3時間以内に点滴してもらえたようです。
後述しますが、
3時間以上経っていたらもっと酷い後遺症だったのかな・・・
わかりませんが。。

・・・

奥さんの後に駆けつけた娘が、ベッドの横で泣いています。
私は「大丈夫だよ。明日帰るから」と か細い声で言いました。

この時は本気で帰るつもりでいました。
まさか3ヶ月以上の入院生活になるとは夢にも思わず・・・

« 発症(2) | トップページ | 発症(4) »

心と体」カテゴリの記事