« 結婚記念日 | トップページ | 脳幹梗塞(1) »

2016年5月 6日 (金)

病院食

当たり前ですが、人間は食べなきゃ生きていけません。
でも、誰でもそうだと思いますが病院食には馴染めません。

入院したことがない人でも容易に想像がつくでしょう。
はい、まずいです。
もぅいちいち死にたいと思います。

入院して1週間くらいは、ほとんど食べれませんでした。
それがあるときから普通に食べれるようになりました。

ほとんど食べていないことをリハビリ中に
リハビリの先生(作業療法士)へなにげに伝えると

「今はまだ良いけど、カロリー的には毎回食事を完食しても
 消費カロリーの方が多いくらいのリハビリになりますよ」

と言われて無理ヤリ食べるようにしました。

そのうち無理ヤリが無くなり、普通に食べれるようになりました。

・・・

日を追うごとに不思議と食事が楽しみになりました。
入院当初、左手で しかもスプーンでしか食べれなかったので
余計美味しく感じなかったのですが、
なんだかだんだんと美味しく感じるようになったのです。(極端だな)

慣れって怖い。ってたまに言いますけど、本当に慣れるもんです。

« 結婚記念日 | トップページ | 脳幹梗塞(1) »

心と体」カテゴリの記事