« ストレス | トップページ | 再発リスク »

2016年6月 2日 (木)

こんなだから

身体がだいぶ良くなってきた頃、入院生活は共同生活のようなものだよなぁ
と思うことが多々ありました。

いろいろな人がいっぱいいます。

いろいろな人をいっぱい見ました。

入院前は普段、新しい出会いなんてあまりない生活をしていました。
この度の入院生活で沢山の出会いがありました。

医療に関わる人達は、こんなにも良い人達ばかりなのかと感心するほどでした。
3ヶ月強の入院生活で毎日のように思っていました。

でも入院患者さん達は、全員そうは感じませんでしたね。
こっちは客だぞ的な意識がどっかにある人もいるように感じました。
あ、もちろん良い人は沢山いましたが。

いろいろな人がいました。
共同の洗面所で歯磨きしてるあいだ中、蛇口の水を大量に出しっぱなしにしてる人。
大部屋で何人も患者さんがいるのに、携帯電話をマナーモードにしない人。
毎日お掃除してくれる業者さんがいるけど、
後から入る人のことも考えない共同トイレの使い方の人。などなど。

トイレといえば、男性用共同の洋式トイレで蓋が閉まっていると
なんか蓋を開けるのを躊躇しますね。
誰のものかわからない物体がそこにあるんじゃないかと・・・

いやまぁ、認知症の人の所作や行為は除きますが、いちいち気になりましたね。

いちいち気にする性格だから余計にストレスがたまったのかもしれませんね。

« ストレス | トップページ | 再発リスク »

心と体」カテゴリの記事